06
1
2
3
4
5
6
7
8
11
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
26
27
28
30
本箱をのぞいてみました。

息子が小学生の頃の本です。

CIMG4877.jpg


CIMG4875.jpg




昆虫や恐竜、折り紙が好きでした。
この三国志も小学生の時に読んだもの。

CIMG4878.jpg


この頃、尊敬する人物は【諸葛孔明】でしたから。
中学になると部活命でほとんど本は読んでませんでしたね。
高校は部活と勉強も忙しくて本どころではなかったようですが
マンガ(もやしもん)は読んでいたようです。

娘は本好き。

CIMG4874.jpg


中学になって部活が忙しくなりましたが
いっぱい読んでいました。
さすが動物関係が多いです。

CIMG4873.jpg


CIMG4872.jpg




それとファンタジー
ハリーポッターやバーティミアス、マーリン、エラゴンなど
好きでした。

ついでに私の本も少し。

CIMG4868.jpg


ジャンルがめちゃめちゃです。
結構、活字中毒気味?と、思うくらい
移動時間や待ち時間に読み物がないとすごくイヤ。
気になるとすぐ買ってしまうので
溜まるばかり。


CIMG4867.jpg


先日やっと少し売りました。
でも良かった本は売れないのよね~。
また読むかというと、
読まない事の方が多いのですけど・・・
スポンサーサイト
2010.06.29 Tue l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
茶トラのガンモです。

CIMG4853.jpg

今日は雨降り。
で、モモちゃんも玄関に避難中。


CIMG4858.jpg

こういう日は寝るに限る。


CIMG4855.jpg


zzzzz.......








2010.06.25 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
茶トラのガンモです。


CIMG4843.jpg

思いついてピザ焼きました。

CIMG4838.jpg

焼き上がり。

CIMG4841.jpg

決め手はこれ、
ブラックペッパーですが、
ポナペで作られているものです。
ここのペッパーは香りも抜群!
瓶の形もいいでしょう。


CIMG4840.jpg








2010.06.20 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
雨は降っていませんが、空は鉛色、

庭のオレガノのお花が咲きました。

CIMG4833.jpg


コムラサキのお花も咲いたよ。


CIMG4835.jpg

ハルシャギクもやっと咲きました。

CIMG4837.jpg

ハルシャはペルシャが訛った(?)らしいですが
ペルシャとは無関係。




2010.06.20 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
お庭に.もう一つ果実の赤ちゃんが育っていました。

みかん

CIMG4826.jpg

毎年たくさんなるのですが、
今年はお花の時期に寒くなったりして
お花が少なかったので、あまり実がなってません。
やっぱり天候不順だったのですね。

雨の季節となり、あじさいもきれいです。

CIMG4825.jpg

ヤマアジサイは今年もたくさん咲きましたが
セイヨウアジサイは春先に剪定してしまったので
花芽がありません。
来年まで待ちましょう。

お庭防衛軍の赤ちゃんも
ちょっと,ブレブレでスミマセン。

CIMG4831.jpg










2010.06.19 Sat l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
茶トラのガンモです。

CIMG4818.jpg

そろそろ暑くなって来たので、
中に入って寝なくなりました。

お庭には果実の赤ちゃん達がいます。

これはレモンの赤ちゃん

CIMG4822.jpg


これは赤ちゃんキウィ。

CIMG4823.jpg

今まで二つとも大きくならないで
落ちてしまいました。
今年は大きくなってくれるといいなあ~。






2010.06.13 Sun l 未分類 l コメント (6) トラックバック (0) l top
その2

三日目
娘の学校の寮へ。
土曜日も午前中は授業があるため、
寮母さんが案内して下さいました。
洗濯室もお風呂場も食堂も何処もきれいで大きい~
そうこうしているうちに学校から戻った娘と一緒に
『北海道開拓村』へ行きました。

CIMG4771.jpg


開拓の頃の住居などを移築して展示しています。
ココがとっても楽しかった。
何と言っても本物だから。

CIMG4773.jpg

これは医院の中。

CIMG4775.jpg

サザエざんのうちみたいでしょう。
こういう縁側ってあこがれます。

CIMG4776.jpg


これは、小樽で見た鰊御殿の網元、青山さんの本家

CIMG4778.jpg


今回全部回れなかったので、また今度是非行ってみよう思ってます。
近くの原生林から鳥の声のような虫の声のような
何かがたくさん鳴いていました。
あとで気がつきましたけど、きっとカジカカエルだったかも?
この日の夜は息子も呼んで一緒に食事。
娘の寮には生野菜があまり出ないらしく、
サラダをいっぱい食べていました。
衛生上の問題なのでしょうね・・



四日目

ichou4790.jpg


息子の通う大学はこの時、大学祭。
それに合わせて行ったのですが。

hokudai4782.jpg


総合大学で、しかも水産学部以外は同じキャンパスにあるので
学生数も多く、まあ~広いわ。
大学祭もすごい人出でした。学生の出す露店の数も半端じゃない。
筥崎宮の放生会より多いよ。
学生さん達の呼び込みをかき分けながら
1番奥にある獣医学部まで行ってみました。
さすがにここまでは学祭の喧騒は来なくて、
広い芝生に緑がまぶしく、とっても静かでした。
動物病院をパチリ。


doubutu4794.jpg


漆原教授は居なかったけど・・・(?)

こちらは獣医学部の隣にあるモデルバーン。

barn4792.jpg


ここは札幌農学校時代の建物や農機具などが保存されています。

ポプラ並木のそばにクロユリの保護地がありました。

kuruyuri4783.jpg


ちょうど咲いていましたよ。
小さな百合で、日本画に描かれていそうなかわいいお花でした。

今回は息子や娘とも会って、食事して
二人ともすっかりこの地に馴染んで元気な様子がわかり、まずは一安心です。
泊まったホテルには18階の最上階に展望風呂があって
毎日ライトアップされた時計台を眺めながらバスタイム~優雅でしょ。
それもとっても空いてて、ほぼ貸切り状態。
お風呂上がりはもちろんサッポロクラシック!
4泊もしちゃって、のんびりできました。
朝食はバイキングなのですが
毎朝、こんなに食べていた~

choushoku4796.jpg



お土産は
もちろん北の大地スイーツ!

CIMG4816.jpg



来年もまた行きたい。
そのために今からせっせと貯金貯金・・・


2010.06.10 Thu l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
こちらから鶴丸直行便で2時間半、さすがに少し乗りでのある空の旅でした。
佐渡島や男鹿半島を眼下に見て、やって来ました、北の国。
新千歳から札幌までの車窓は
4月の初めに来た時はまだ雪が残っていましたが
6月ともなると新緑がきれいです。
今年は春が遅かったせいで、ライラックも今が満開でした。

lilac4765.jpg


こんなたくさんのライラックを見るのは初めてです。
いろいろな色のものがあり、
お花の大きさもいろいろで、
香りも強いものからあまり香らないものまで。

lilac4769.jpg


時計台の前にもライラック咲いていましたよ。

tokei4754.jpg


大通り公園はパンジーもいっぱい。

oodoori4768.jpg



小樽では街路樹に植えられているナナカマドのお花が咲いていました。

nanakamado4788.jpg


真っ赤な実は有名ですが、
お花を見たのは初めてなので、感激です。
この日はあいにくの小雨で天狗山頂上は霧の中。

tenguyama4747.jpg


それもまた風情ある景色です。
ココからの小樽の町が一望できるそうですが
今日は霧で真っ白!

tenguyama4746.jpg


ロープーウェイの下には圧雪車がありました。

tenguyama4745.jpg



冬はスキー場になるそうです。

小樽の街灯、かわいい風見鶏だったのでパチリ。

gaitou4750.jpg

お昼は定番のお寿司。
でも、写真撮るの忘れて食べちゃったの。

otaru4725.jpg


素敵なガラスもいっぱい見たよ(見るだけ)
でも1番感激したのは『ニシン御殿』
青山さんちの一人娘さんが豪華な別荘が欲しい!とねだって
作ってもらった夏場だけの別荘。
当時、新宿の伊勢丹が50万円で建った時代に
京都の宮大工さんを呼んで35万円かけて作ったそうです。
便器は有田焼、屋久杉の梁、タモ材の階段、白檀の欄間などなど
今どんなにお金をかけても材料が手に入らないので
再現は不可能な、それはそれは豪華絢爛な建物でした。
もちろん襖絵などもビッグネームです。
それだけニシンって儲かったのね。
お米が採れなかった北海道では米と交換できた唯一の物だったんですって。

つづく。

2010.06.09 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top