2010. . 09

ライラックの咲く街へ その1

こちらから鶴丸直行便で2時間半、さすがに少し乗りでのある空の旅でした。
佐渡島や男鹿半島を眼下に見て、やって来ました、北の国。
新千歳から札幌までの車窓は
4月の初めに来た時はまだ雪が残っていましたが
6月ともなると新緑がきれいです。
今年は春が遅かったせいで、ライラックも今が満開でした。

lilac4765.jpg


こんなたくさんのライラックを見るのは初めてです。
いろいろな色のものがあり、
お花の大きさもいろいろで、
香りも強いものからあまり香らないものまで。

lilac4769.jpg


時計台の前にもライラック咲いていましたよ。

tokei4754.jpg


大通り公園はパンジーもいっぱい。

oodoori4768.jpg



小樽では街路樹に植えられているナナカマドのお花が咲いていました。

nanakamado4788.jpg


真っ赤な実は有名ですが、
お花を見たのは初めてなので、感激です。
この日はあいにくの小雨で天狗山頂上は霧の中。

tenguyama4747.jpg


それもまた風情ある景色です。
ココからの小樽の町が一望できるそうですが
今日は霧で真っ白!

tenguyama4746.jpg


ロープーウェイの下には圧雪車がありました。

tenguyama4745.jpg



冬はスキー場になるそうです。

小樽の街灯、かわいい風見鶏だったのでパチリ。

gaitou4750.jpg

お昼は定番のお寿司。
でも、写真撮るの忘れて食べちゃったの。

otaru4725.jpg


素敵なガラスもいっぱい見たよ(見るだけ)
でも1番感激したのは『ニシン御殿』
青山さんちの一人娘さんが豪華な別荘が欲しい!とねだって
作ってもらった夏場だけの別荘。
当時、新宿の伊勢丹が50万円で建った時代に
京都の宮大工さんを呼んで35万円かけて作ったそうです。
便器は有田焼、屋久杉の梁、タモ材の階段、白檀の欄間などなど
今どんなにお金をかけても材料が手に入らないので
再現は不可能な、それはそれは豪華絢爛な建物でした。
もちろん襖絵などもビッグネームです。
それだけニシンって儲かったのね。
お米が採れなかった北海道では米と交換できた唯一の物だったんですって。

つづく。

スポンサーサイト

comment

ひめまま
ライラックすごいですね~
こんなに大きいと香りもいいんでしょうね♪
ナナカマドのお花はじめてみました。
パンジーもきれいで、日本のなかでも
こんなに季節の違いがあるんですね(^^ゞ
この続きが楽しみです"^_^"
2010.06.09 19:54
テト母
いらっしゃいませ~。
きれいでしたよ。初めて見て感激しました。
ナナカマドのお花、きれいでしょう。
これが街路樹なので、道の両脇にあって、とても良い雰囲気でしたよ。
日本も広いですよね。
明日続編アップしますので、またいらして下さいね。
2010.06.09 22:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganmo20020430.blog32.fc2.com/tb.php/146-93ccfdfa