茶トラのガンモ

茶トラのガンモさんが季節の移ろいを語ります。

最近買った本

hon2.jpg


櫻井よしこさんの本です。

少々choiceが偏ってるかな~の感も否めませんが
いろいろな人の考えを知るのも良いことだと思って。
前に読んだ『GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く』(櫻井よしこ箸)は
戦後日本人の某コメ国信奉を砕いてくれましたね。
かの国のドラマや映画ばかり見て、
当時まだまだ貧しかった人々が、大きな車や大きな冷蔵庫、
大型スーパーで大型カートに山積みのお買い物にあこがれ、
ひいては某コメ国そのものにあこがれたのは、
もしかしたら、そう仕向けられたマインドコントロールだった?
戦前のこの国に戻らないように巧妙に仕掛けられた某コメ国の戦略??
・・・な~んて。
古い日本人は日本人ならではの良いものもたくさん持っていました。
欧米化による個人主義の影響は、もちろん良い面に働いた事もたくさんあったけど、
古くからの伝統的な日本人気質を、その中の素晴らしいものまでも容赦なく打ち砕き、
今になってその影響が大きくなっている様な気がします。
「みんな違ってみんないい」のは認めなければいけないけど
only oneなどと言って、自分勝手を正当化するのはペケ。
原野で一人自分の力だけで生きているならともかく
各自が社会を構成する一人だって事は基本ですものね。
権利を主張する事も大切だけど、
概ね自由に各自の権利を主張できるようになった今は
その前に義務をきちんと行ってねって思うのですよ。

その代表が今の政治屋
(そろばん勘定が大事なようなのであえて【屋】の字を)。
本来の仕事である国の政治より、
次の選挙結果しか考えてないでしょう。
選挙対策委員なんて、その最たるものだよね。
とにかく仲間の頭数を多く当選させることだけが目的なんだから。
その後仕事をしようが、しまいがお構いなし。
頭数だけあればいいの。
そんな対策ばかり考えているような時間があったら
もっと国の政治を考えてよ。
それが本当の仕事でしょう。
もし、議員の給料がすごく安かったら
絶対に全員辞めてるね。
頼むから高いなりの仕事はしておくれよ。
『先送り』と『検討』で何でも乗り切ったつもりで
その先は一体どうするの?
もう国民はホント、へとへとよ。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

硬い本ですね

テト母さんがこういう本も読むとは、
ちょっと意外でした。
櫻井さんの主張そのものは、
受け入れられない部分もありますが、
その視点にハッとさせられる事あります。
マークス寿子さんは結構読みました。
彼女は英国との比較をしていますね。

おお~!

 すごいなー!私なんて医学書以外の本はしばらく読んでません^^;
 色々な意見に耳を傾けることも必要ですよね。
 私も勉強しなくちゃなあ、、^^;アセアセ

ふふふ私もちょっと意外に思った一人です(^m^)
でも、私も日本人たるモノを大切にしたいなと思います。
文化や歴史を私は大切にしたい。
ユニークが貴重だという社会の流れには
疑問です。
だから、今、「自分のやりたい事が分からない」
若者がニートや引きこもりになっているのでしょうね
やりたい事が出来れば一番良いけど
我慢もせずに努力も中途半端で「やりたい事」も何もないだろう?と思います。

ミモザさん、こんばんは。

そうでしょう。私もこの手の本を買ったのは初めてなのです。(実はまだ全部読んでいませんが)
わかってはいたのですが、少々気分が悪くなってなかなか読めません。

みゅうさん、こんばんは。

私もここ数年、ファンタジーか、歴史物か、古典ばかりだったのですが、日本の近代史こそ知っておく必要があるような気がして。あまりにも知らなすぎる自分に愕然としています。

☆華☆さん、こんばんは。

私もユニークが貴重のような今の流れは,少々耐えられません。引きこもっても生活できる事が甘いのでしょうね。☆華☆さんのご意見、ごもっとも!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

テト母

Author:テト母
茶トラのガンモです。
花、空、雲、…つれづれなるまま綴ります。
お庭の野良仕事、庭の果樹でジャム作り、自家製天然酵母のパン作りやケーキも焼きます。
ほぼ活字中毒気味に読んだ本の紹介も時々。

くろねこ時計
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月と星と妖精ダストのブログパーツ
やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム